私は60代前半女性。体はいたって健康。長い距離を歩いても疲れないし、余分な贅肉もついていない。首から下だけ見ると、誰もが私が60代だとは思わないはず。しかし、いったん顔を見てしまうと「えーッ」と驚くくらい、頬がたれ、口回りのたるみがひどいのです。

辛口評価!ビューティークレンジングバームの使い方から解約法まで徹底レビュー!

鏡の前に行っては、両手で頬骨のところを引き上げてみる。糸で引き上げたまま耳にかけておきたいほどです。どうして、こんなにも顔の下半分がたるんでしまったのでしょう。そういえば心当たりがないわけではありません。

若いころ、仕事で疲れたとき化粧を落とさず、そのままぐったりと寝てしまっていたことが度々あったなあ。そのころは、まさか年を取ってからこんなに顔のたるみがひどくなるとは想像すらせずでした。それより、化粧を落とし忘れたことでニキビの悩みがいっぱい。

脂性の対処法、手間のかからない洗顔方法を一生懸命求めていたものです。あれから30年。30年前にお顔の手入れをおろそかにしたばかりに、人前に出るのが恥ずかしいほど、たるみが出てきてしまいました。ああ、何とかしたい。少しお値段は高くても、このたるみをなんとかできる化粧品はないものでしょうか。

まだこれからの人生をはつらつと美しくいきたい私の今一番の願いは、たるみを解消してくれる化粧品に出会うことです。