私の場合とにかく寝不足の日が続くと無性に甘いものを欲するようになり、太りやすくなってしまいます。起きているとご飯を三食食べてもすぐに口さみしくなってしまい、ポテトチップスやアイスクリームをつまんでしまうのです。そこで、とにかく眠るというダイエットを決行したことがあります。
グラマラスパッツの痩せる履き方は?

寝ていれば口さみしくなることもなく、間食することもなくなります。起きている時間が少なくなるので、食事の回数も減る、そしていつの間にかダイエットになっていた、という経験がありました。最初はなかなか痩せたと実感できないのですが、気づくとお腹が凹んでいたり、二の腕の肉がつまみにくくなっていたりしていました。

さらに、よく眠ると、ご飯をたくさん食べたい、間食したいという気が起こらなくなってくるので不思議です。1日8時間睡眠に2時間のお昼寝をしていたころは、ご飯は1~2色、しかも白米にちょっとしたおかずくらいですませていました。

それに、空腹になっても寝ていたい、布団から出たくないという思いの方が強くなるので、空腹状態に慣れるということにもなりました。空腹状態に慣れると、ご飯を食べなくても平気になり、自然と食べる量が減る、カロリーが減る、ということで痩せていったようです。ズボラさんに是非おすすめしたいダイエットです。