特に自分が太っていたことを気にしていたというわけでもなく、周りの女子たちがそういうものに気を使っていることを知り、影響されて始めたダイエット。

当時自分が高校生の時に太る原因として考えたのはお菓子などを間食すること。それをやめれば痩せるのでは?と考えつき、とりあえず三食以外で摂取する間食を一切やめ、周りにも休み時間はお菓子は食べないのだと公言。http://www.parkbench-drive.com/

朝昼夕の食事はしっかりととり、それ以外の時間で何かを食べるということをしなくなった。夜食はもちろん、小腹がすいた時の軽食も、周りに勧められたものも一切食べない自分を見て母親は「一度決めたことに対して意志が強い」と関心したくらいだった。そんな自分のダイエットが成功したことを知ることになったのは体育祭で撮られた写真を部活のみんなで見ていた時だった。

ある部員が私が写っていると言って差し出してきた写真には体育祭の準備作業をする体操服女子の後ろ姿。後ろ姿でも分かる細い手脚にくびれたウエスト。こんなに痩せていない。人違いだと言って部員全員に笑われたのは、その写真に写っていた女子はがまぎれもなく自分だったからだ。NO間食ダイエットの効果の大きさを知った瞬間だった。

今でも、高校時代ほどではなくないがNO間食ダイエットを継続している。お菓子やスイーツは食事の時にとるように工夫すればストレスもなく続けていけるので、タフな精神力があればだれでも効果を実感できるダイエットであると思う。