こんにちは、昔から肌が荒れる体質だったものの、最近になって初めてケアを始めた男子大学生のHigmaと申します。http://www.m-bz.net/

今回こちらでは、一切ケアをしてこなかった私が、お肌ケアに興味を持つまでの経緯をお話ししていきます。

「なんでこんなに肌が荒れるんだろう?」「ニキビの所為で恋人に振られてしまった」「肌に自信がなくて一歩が踏み出せない!」

お肌の悩みというものは、時代年齢性別を問わず、常に大多数の人が持つものだと思います。例に漏れず私自身も、敏感肌+乾燥肌でロクにケアもしてこなかったので、小学生の頃からニキビに悩まされていました。その頃からケアしてくれば今ここまでひどくなることはなかったのですが、あろうことか当時の私は(汚い話ですが)ニキビを潰すことが唯一の楽しみと言っても過言ではないほど潰して生きていました。そしてそのしわ寄せとして、中学生の頃からはニキビができるだけではなく、ニキビ跡も気になるようになりました。そして男子中学生なんて多感の塊のような存在、「女性にモテないのは自分の肌が荒れている所為だ!!」なんてことを毎日のように思っていました。それにもかかわらず、欲望に正直な私は、美味しいものと楽なものに負けて、「ケアしなきゃなあ」と思う三日後にはニキビの原因パーティのような日々を過ごしていました。

そして高校生になり、原因はたくさんありましたが、今度はニキビとニキビ跡のみならず、シワやシミ、ほうれいせんから目の下のクマまで、顔の中で自信があるのはまつ毛が長いことだけ!と言った状況に陥りました。そこまで行き、悩んでいたので荒れば普通は知識を取り入れたり行動を始める人がほとんどかもしれませんが、怠惰な私は肌について悩みながらも面倒なことは全く続きませんでした。

ところがいざ大学生になり、顔の不出来具合にかかわらず無事彼女ができてからは、今までなかった、「この子の彼氏でいるために恥ずかしくない顔でいなければ!」という感情に駆り立てられ、食べたいものは「我慢せず」、でも日々の肌ケアや、ビタミン摂取など、詳しい人たちに聞いたり調べたりしながら毎日続けられる努力を始めました!

…とは言っても根が怠惰なので、堕落したままではいけないと思い、彼女に肌をケアすると宣言をして、カッコつけるためだけに毎日続けています。

現在大学2年生、治ったわけではありませんが今までと比べればだいぶマシになりました!