若い頃は、染めると言えばおしゃれ染め、ロングヘヤーだったため、行く頻度も数ヶ月に一度、多少プリンにやっても構わないって感じでした。なのに、年月が経つのは、恐ろしいもので、髪の毛に白い髪がいくつも出てきて、思わず、ギョッとなる。まだまばらだが、ほっとけば白い線が髪にまじり、それも結構な量がある。プリンならまだしも、ごま塩はいただけない。老けてみえる、おばあちゃんになってしまう。そして、さっそく自分で市販の白髪染めのカラー剤を購入。

艶黒美人
ムラになりにくそうな泡タイプのものを選んでみました。色は、比較的明るいものを。ところが一見染まっているように見えても、よーく見ると、白髪が染まってない、しかも浮いている。がーん、どうしようかと友人に相談したところ、色素ほ薄い白髪に明るい色はつきにくいとの事。仕方なく、真っ黒に戻しました。

そしたら、白髪は目立たなくはなった、でも、若い頃から染めていたせいか、黒髪が似合わない。イメージが固くなってしまう。うーん、とさんざん悩んでホットペッパービューティーで美容室を調べてみる。そしたら、あった、白髪染めというより、白髪予防する美容室。

さっそく予約して行ってみたら、色々話してくれた。まず、白髪を黒く染めた場合、次に色を入れるのが入りにくくなると言われ、がーん。あと、毛髪の結構をよくするためヘッドスパ、あと、栄養のためにトリートメント。とりあえず、茶髪に戻したかったので、はいるであろう、色を入れてみた。

しかもプロは、場所によって色を使い分けてくれた。おかげさまで、若々しい髪の色ゲット、すっかり若さを取り戻しました。ただし、時間とともに白髪は生えてくる。今後は、この白髪を撲滅するために、美容室にひと月に一度通わなくてはならない、らしい。こうして白髪との闘いは、はじまる。