私には付き合って6年の9歳年下の彼がいます。

出逢いは職場。途中入社で入って来たのが彼でした。

実は同僚の後輩ということで入社前に何度か呑みに行った事があったのですが、その時の印象は最悪で彼はお酒に呑まれ酔いつぶてヘベレケ。

「だらしない人だなぁ」という印象しかありませんでした。

バツイチ婚活情報局 | 再婚相手が見つかる出会いの場

その後はよく会社に現れては雑談し帰宅していく彼。軽い挨拶から始まり、私も次第に雑談仲間になっていきました。

「えっ?会社で雑談?!」と思うかも知れませんが、アットホーム職場で近所のご高齢の皆さんも遊びに来るような会社なので違和感ないのです。

その後彼は入社。

一応新入社員ということで呑み会が開かれました。

初めて呑みに行った時はヘベレケだった彼でしたが、その時はお酒に呑まれる事もなく終電前に解散。

同じ沿線ということで二人で駅に向かう事になったのです。

その時、前触れもなく「好きだ」と告白されました。

ですが、私は9歳も年上。彼の事は何とも思っていなかったのでお断りしたんです。

でも、しつこい。

その日以来、告白の嵐。コント?ドッキリ?と思うくらいしつこい告白。

次第に“ちょっと可愛い”と思うようになり、はい。。。

負けました。彼のしつこさに負けてお付き合いスタート。

何度も言いますが9歳の差があるんです。

でも、6年も続いているんですよ。

ノロケで申し訳ないのですが、大好きという想いは日に日に大きくなっています。

『愛に年の差なんて関係ない』

この言葉を実感している毎日です。