小鼻の周りとアゴの上あたりの肌が炎症を起こして、白く剥がれる症状が長年続いています。

昔皮膚科で診断した時は「脂漏性皮膚炎」と病名がつきました。

炎症はあまり指で引っ掻いたりすると赤くなり痛みを伴うようになってしまいます。この症状との付き合い方は優しく洗顔した後に化粧水および乳液で保湿を行うこと。

これを毎日続けていれば徐々に炎症がしずまってゆきます。

しかし、あまり触ったりして傷をつけたり、体調不良などで体力が落ちてくるとまた再発してきます。シロジャム

自分の場合ですが、化粧水も洗顔料も特別なものは必要ありませんでした。ドラッグストアでよく流通している安価な銘柄が肌に合ったようです。

と、このあたりは一人ひとりの体質に左右されるものと思われるので、いろいろ試して自分に合うものを見つけるか、専門のお医者様に見てもらうことがベストだと思います。

沈静化と再発を繰り返しており、長い付き合いになってしまった皮膚炎ですが症状をおさめるパターンが確立していることもあり、あまり悲観的には考えずに済むようになりました。

もし、同様の症状でお悩みの方がいらっしゃれば、私のこの体験談を少しでも参考にしていただき、症状を改善に導いて頂けると幸いに思います。