お肌の手入れは、20代でしっかりと始めておけば良かった!とつくづく考えさせられました。

手入れをしてこなかった結果、肌は乾燥が酷くなり、顔にシミもできて、特に嫌なのは目の横にある大きなシミです。ビハキュア

ですが今の私の切なる悩みは肌のたるみとほうれい線ができていることです。

年齢を重ねてきているせいでもあると思いますが、やはり日頃のお手入れが足りなかったのではと思ってしまいます。

現在50代ですが、30代後半で結婚出産をしてから、肌の状態が悪くなって行きはじめ、化粧水・乳液美容液をたっぷりと肌に付けても乾燥が酷く、付けたすぐに水分は肌から無くなり、たっぷりと付けたはずなのに付けていないかのように肌が乾きます。

毎日が乾燥との戦いのように、いろんなものを試してきました。

そして段々と目尻が下がってきて、アイメイク時には手で皮膚を伸ばして塗ったり、ほうれい線が口の横に深く刻まれ、目立つと年齢が老けて見えるのではないかと心配になっています。

年齢よりは若く見られたいと思う願望とは裏腹に、皮膚の衰えは中々カバーができなくなって、少しでもカバーができる方法を探しています。

若さに任せて手入れを怠ってしまったこと、夏は汗をかくから、肌には何も塗りたくないという間違った考え方で過ごしてきたことを心の底から反省し、「時すでに遅し」にならないように私の周りの知人には切々と話しています。

経験してしまったから声を大にして言えることだと思っています。